本文へスキップ

電話占いマーメイドをご利用いただいたお客様より幸せになった成功体験談「幸せメッセージ」を募集してます

電話占いマーメイド ホーム > 和代先生*秋*紫灯護摩焚ご報告

◇ 和代 (かずよ) 先生記事一覧

和代先生*秋*紫灯護摩焚ご報告
2015.10.29

お久しぶりです。和代です

門戸厄神さんで10月19日に行われた
秋季厄除柴灯大護摩祭に行ってきました

山賊 IMG_8819 煙


護摩木にお名前、数え年、お願い事を二つ書き、
山伏と参拝客と共に、般若心経と不動明王様のご真言をお供えします。

護摩壇にたいまつの火がはなたれ、
白い煙赤い炎が上がり、護摩木の願いが天に届きます

特別ご祈祷の木札を頂き
一年間不動明王様にお守りいただけます


今、比叡山延暦寺の9日間のお堂入りを終え、
13人目の阿闍梨様になられました。

不動明王様に10万回のご真言をお供えされ一体になられました。
門戸厄神さんの御神体も不動明王様です。
今回は一層のご加護があります

柴灯護摩焚10月

ご依頼頂きました多くの皆様、この度は本当にありがとうございました
皆様が幸せになりますよう心を込めて・・・


―和代―

 

和代先生*柴灯護摩焚 ―あなたの願いを天へと届けます―
2015.9.30

お久しぶりです
和代です

さて、また秋の「柴灯護摩焚」の時期がやって参りました。
もちろん今年も10月19日(月)に行く予定です

秋空


今回は皆さんに「門戸厄神さんの由来」についてお話させて頂きます

弘法大師ゆかりの厄除けで名高い、門戸厄神は高野山真言宗の別格本山です。
御本尊は薬師如来で西国薬師霊場29番札所になっています。

厄神堂本尊の厄神明王愛染明王不動明王が一体化したものです
諸々の災厄を打ち払う霊威があることを聞かれた弘法大師が
自ら白檀木に刻まれたものです。


それが「日本三体の厄神明王」といわれています。
三体は高野山麓の天野明神、京都の岩清水八幡宮、厄除けのため門戸厄神
に祀られました。
現存するのは、門戸厄神のみなんですよ!!


★愛染明王★
総ての悩みの根源を浄化し、深い愛情と大悲を注がれる霊験を持つ

★不動明王★
目に見える悪と見えない煩悩を知恵の火で焼き尽くす力を持つ


その両明王が一体となった厄神明王は、一切の災厄を打ち払います

厄除開運、家内安全、無病息災、商売繁盛、
結婚良縁、復縁祈願、所願成就
など、霊験あらたかな仏様です。


素晴らしい仏様のお力を借り、私が皆様の厄除け祈願を行って参ります。

私が護摩木に名前や年齢、祈願内容を書き、
納めた護摩木は供物として焼かれます。
燃え上がる炎は、仏の智慧の象徴でもある「天の口」から供物を食します。

煙が天に届くことで、天は食を頂くことができ、
代わりに皆さんに福を与えて下さります。
やり方はさまざまですが、強い祈りの力でもって願いを叶えよう
というのが護摩焚きです。

先着10名様限定
和代先生限定術『柴灯護摩焚』
期間:9/30(水)~10/16(金)迄
金額:18,000円(税別)
※ご祈願頂いた方へ御木札(おふだ)が10月下旬頃届きます


皆さん、当たり前はとても幸せなんですよ

この世に存在する全てのものは、同じ状態を保つことなく移り変わっていき、
永久不変なものなんです。
全てにおいて、まず感謝が必要です

ところが、人生は辛い事の方が多く修行のようなもの。

時に選択を迫られると迷いも生じます。
今、迷っている方、願いを叶えたい方は、いつでも私にご相談くださいね


―和代―

和代先生*お盆の期間中はソウルメイトに出会えるチャンス☆
2015.8.12

お盆休みに入りましたね

帰省・お墓参り・同窓会・夏祭りや夜店といろんな行事がありますが、
お盆の期間中はソウルメイト(肉体を越えた魂のつながりをもつ関係の方)に出会えるチャンスです

150812


「お盆とソウルメイト?」 「なにか関係あるの?」と皆様思いますよね

ソウルメイトの二人が結ばれる裏には、ご先祖様が深く関係しています。
ソウルメイトの「ソウル」は、二人だけの魂ではなく「受け継がれてきた魂」を意味しています

お盆やお彼岸のときは、この世とあの世を隔てる壁が薄くなって、ご先祖様と意思疎通がしやすくなってるので、
ソウルメイトとの出会いを早めたい方は、この時期、ご先祖様に語りかけてみるといいですよ。

ご先祖様が、必然的に恋愛の好機をくださいます
私に皆様のチャンスを活かすお手伝いをさせてください


―和代―

和代先生*春*紫灯護摩焚ご報告
2015.4.27

こんにちは
和代です。


皆さまに成り代わり、4月19日
門戸厄神の紫灯護摩焚 (もんどやくじんのさいとうごまだき) へ行って参りました


多くのご依頼を頂き、ありがとうございましたm(_ _)m



 

門戸厄神


多くの参拝客の中、
ホラ貝の音に山伏姿の人や住職さんが列をなして出てこられました



IMG_2856   お祈り

不動明王さまの前でお参りをしてから、
山伏達が護摩堂の護摩壇の火の中に、

お寺に納められた護摩木をどんどん投げ入れ、焚き続けます

IMG_2857

護摩壇の赤い炎白い煙が重要なんです


燃え上がる炎は「天の口」であって
仏の智慧の象徴でもあり、その口から供物を食します


IMG_2860   IMG_2859


つまり納めた護摩木は、供物として焼かれるのです。

明け方からの雨で櫓が湿っていた為、炎は小さめですが煙は凄かったです


煙が天に届くことで、天は食を頂くことができ、
代わりに人々に福を与えるとされています。

さまざまな祈祷法の中でも、
心願成就に絶大な効果が高いものとされていたそうです




それから今回は凄いことが起こったんです!!
今まで10年以上お参りしても頂いた事のない、鬼門の破魔矢を頂きました

山伏が東西南北と鬼門に射る破魔矢で、
お金では買う事の出来ない本当の『幸運の破魔矢』なんです


 破魔矢
※御木札と破魔矢 幸運の破魔矢は一番右です(長さ:約1メ―トル)



護摩焚きと私のパワーで
皆様方の、厄を祓い、福を招き、
日々の活力と安らぐ潤いを得られますようお祈り致します


ご依頼頂きました皆さま方、
御木札や破魔矢をお送りさせて頂きますね

お楽しみに



―和代―

和代先生*柴灯護摩焚―あなたの願いを天へと届けます―
2015.4.1

 皆様、「柴灯護摩焚(さいとうごまだき)」をご存知でしょうか

 

柴灯護摩焚は、真言宗を開いた空海の孫弟子に当たる、
聖宝理源大師が初めて行った日本特有の仏教行事です。

門戸厄神(もんどやくじん)さんは、日本三大厄神の一つで、
日本に三体しかない不動明王様をおまつりしており、
厄除けを願うたくさんの参拝者であふれることでも有名です

 

門戸厄神e164277a


私も毎年、春季・秋季に行われる
大般若転読法要柴灯護摩焚には毎回参拝しており、
今年は4月19日(日)に行われます

 

白木の「護摩木」に願い事裏に名前・生年月日・住所を書き、
それらを燃やす「柴燈大護摩供」が行われ、

白木が納められた護摩壇に点火されると、壇を覆うヒノキの葉に火が移り、
山伏の読経と共に、激しい音で赤い炎白い煙が立ち上がります

 

火の神、が炎と煙とともに供物を天上に運び、天の恩恵にあずかるよう、
私が皆様に代わりご祈願させて頂きます
・・・


是非この機会に、御木札(おふだ)や破魔矢を頂き、
家・店・会社などに飾り、邪気を祓い開運していきましょう



―和代―

受付時間:朝10時~深夜2時 フリーダイヤル:0120-216-816
このページの先頭へ